コットンカット2ロング / ECR (SCLG-1912-01)
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/3

コットンカット2ロング / ECR (SCLG-1912-01)

13,200 JPY

About shipping cost

Click following URL if you access for our online shop translated into English. https://translate.google.co.jp/translate?hl=ja&sl=ja&tl=en&u=https%3A%2F%2Fcoq-textile.shop ・・・ 兵庫県・西脇市を中心として形成された、テキスタイル産地・播州(ばんしゅう)。 その200年以上に渡る播州織の歴史を支えたのは、 言うまでもなくコットンの先染織物のシャツ生地です。 「カットジャカード」とは、シャツ生地をベースに模様織をのせ、織りあがった生地のヨコ糸をフリンジのようにカットする技法です。 素朴なコットンとビビッドなPOLSカラーの対比が、一目見ると印象に残ります。 伝統を大切に思いながらも、新たな挑戦への決意を表しました。 程良い張りがあり巻いたときに肌離れが良く、シーズンを問わずお使いいただけます。 また、洗うほどに柔らかくなり、綿織物独特の風合いの良さを感じられます。 しっかりとした密度で生地設計しておりますので、ソファの背もたれ掛けたりお部屋のインテリアのアクセントにもおすすめです。 ● 強くひっぱると糸が抜けますのでカット部分(糸がでている部分)のお取扱いにはご注意ください。 ● ネットに入れて洗濯機の手洗いモードで洗えます。 カットジャカードストール 【素材】 綿100% 【サイズ】94cm x 159cm 日本製 ■POLS / ポルス について 創業1901年、先染織物メーカー「丸萬」(兵庫・西脇市)と、テキスタイルデザイナー梶原加奈子とのコラボレーションにより、2015年に誕生しました。ジャカード織りで制作された、インテリアやファッションのアイテムを中心に、「テキスタイルの楽しみ」を発信していきます。 ■■播州織の産地 兵庫県西脇市について 兵庫県のやや東に位置する西脇市。大正時代に「西脇の北緯35度東経135度」は日本の真ん中と認定された歴史を持つ。ユニークな形の山々に囲まれ、どこかの惑星のようなゴツゴツした河原や、ふいに別の道につながるY字路など、不思議な風景がひろがります。市内を加古川、杉原川、野間川の3つの河川が流れ、豊かな水源が染めの技術を進化させましたが、時には大きな水害をもたらすこともありました。芸術家の横尾忠則氏を輩出した地としても知られています。